• 下地処理は塗装工事以上い大切です

    下地処理は塗装工事以上い大切です
    その見積もり、よく見てください!

    1. 見積もりに下地処理の内容は記載されていますか?
    2. きちんと診断してからの見積もりですか?
    3. ただ塗るだけの工事内容になっていませんか?

    状態によって下地処理が異なります

    1.お問い合わせ

    塗装は仕上がり見栄えも大事ですが、よく見落とされているのが下地処理の過程です。
    下地処理をせずに塗装だけをしてしまうと、劣化したままの状態の上から塗装することになってしまうために、⻑期的な住まいの保護という意味では中途半端になってしまうのです。
    わかりやすく例えると下地処理は女性のお化粧で言うところのスキンケアになります。お肌の調子が良くないと、どれだけ良い化粧品を使ってもノリが悪くなっていまいます。ですから、どのような素晴らしい効果をうたっている塗装であったとしても、見積時には「下地処理について説明してください」と言うことが大切です。

    下地処理とは?

    下地処理とは?

    塗装工事は、単に古くなった外壁の上から塗料を塗って終わり、というわけではありません。外壁は常に風雨にさらされています。
    ですから、当然汚れもついていますし、外壁自体もいたんでいる可能性があるのです。
    それらを無視して上から塗料を塗ってしまえば、すぐに落剝(らくはく)してしまうでしょう。
    つまり、下地処理とは塗料を塗るまでにやっておかなければならない処理の総称です。
    この下地処理を丁寧に行っていれば、塗装はもちろん、住まいもより⻑持ちするでしょう。

    下地処理をしっかりするために

    まずは、現状を把握することが重要です。

    まずは、現状を把握することが重要です。?
    当社では無料診断を行っています。

    診断結果を踏まえたうえで、どこにどのような下地処理をするのか、どのような補修を行うのかをきちんとご提案しております。

    つまり、、、

    プロによる現状把握が何よりも重要なのです。

    下地処理について

    高圧洗浄

    高圧洗浄

    屋根や外壁には、風雨や周囲の排気によって付着した汚れのほかに、日照の影響で発生した苔や藻、カビなどが発生している場合があります。

    これらの汚れや不純物を、高圧洗浄機を使って除去していきます。この作業をしっかり行わないと、塗料の密着性が悪くなり、塗料の性能が十分に発揮されなくなってしまいます。

    シーリング(コーキング)工事

    シーリング(コーキング)工事

    シーリングは⻲裂などの劣化が起こりやすく、これを放置すると雨水などが⻲裂から建物内部に浸入し、構造体を腐らせる原因になるので、しっかり補修をします。

    シーリング工事については、別のページで詳しくご紹介していますが、建物のほとんどに使われており、建物の防水性にも大きく影響しますので、非常に重要な作業です。

    ひび割れ補修

    ひび割れ補修

    外壁のひび割れ補修には、ひび割れの程度によって様々な方法があります。写真は小さいなひび割れに対して、防水補強材を刷毛で埋め込む補修方法の様子です。補強材乾燥後にサンドペーパー等で研磨して表面状態を平滑にしてから塗装をすることで、補修跡が目立たないように仕上げます。

    ひび割れが大きい場合には、ひび割れ箇所をカッターで切って拡げ、そこにコーキング材を充填してひび割れを埋める方法もあります。お住まいの状況により適切な補修方法があります。 

    鉄のサビ補修

    バルコニーの手すりや折板の金属部分など、鉄で出来ている部位にはサビが発生していることがあります。
    その場合は、まずペーパーや電動工具を使って錆びている箇所を研磨し、しっかりサビを落とします。
    手間のかかる作業ですが、ここを丁寧に行わないとサビが再発生する可能性があります。サビを落としたあとは錆止め材を塗ります。

    鉄部はケレンといって浮いている錆や汚れを落としてから、錆止め塗料を塗ります。

    屋根の棟板金はよく、釘が浮いていることがあります。釘を抜き、ビスに交換し、さらにコーキングまでします。

    塗装たけの例

    例

    板金の塗装は特に重要です

    板金の固定が緩くなっていると、強風で飛んでしまったり、隙間ができているものをほおっておくと、水が浸入し、
    中の貫板の腐食、雨漏りの原因になります。

    お気軽にご相談ください

    お問い合わせ